calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

僕の本棚〜随時更新中〜

父→母への子の戸籍移動方法

父親の戸籍から母親の戸籍への方法
〜名字が同じでも子供は自分の戸籍には自動的には来ない〜

皆さんが離婚し、母親がわが子を自分の戸籍に入れたい場合、
単に市区町村役場等でその旨告げても自働的には自分の戸籍に入れることは
できません。
では、どうすればよいのか?
今から説明させて頂きます。

1、用意する物

(1)申立書〜取得場所〜
FAX;078-521-5291
▲優奪
書式記載例
3堂板裁判所の窓口

(2)子の戸籍謄本
 *〇匐,入っている戸籍が引越しの為に移転している場合、あるいは、
  戸籍が改製されている場合(戸籍が縦書きから横書きになった等)
  は、子の母親であり、離婚した事実等が記載されておりませんので、
  きちんと、
  「改製元戸籍」(カイセイゲンコセキ)も取得しておくこと。
(3)母の戸籍謄本
(4)母の認印
(5)子供お1人に付き800円分の収入印紙
 *郵便局、ローソン等で販売されている。

2、許可の取得方法

子供を自分の戸籍に入れるための家庭裁判所での許可の取得方法

(1)郵送を希望→数日かかる。
上記の書類を運転免許証のコピーを同封し、80円切手を5枚、10円切手を5枚も同封すること。
(2)その場で許可をもらいたい場合。
上記の書類を家庭裁判所に提出し、面談を受けた後に、発行される。
早ければ、1時間程度で発行される。
*1家庭裁判所によっては、対応していないところもある。
 事前に電話をして確認を取ること。
*2子供さんが15歳以上であれば子供が行く必要性あり。

3、子の入籍届け

(1)2によって、家庭裁判所から許可をもらえれば、市区町村役場に行く。
(2)入籍届け及び家庭裁判所からの許可審判書謄本を提出する。
*但し、本籍地以外に入籍届けを提出する場合には、別途母親の戸籍謄本が
必要となってくる。
(3)市区町村役場での混み具合、市区町村役場のコンピュータ化の有無により、
 子供と一緒になった戸籍が即日〜1週間程度で作成される。

4、注意点

いずれの手続きも親権者でなければできない。
例えば、親権が元ご主人にある場合、ご主人の協力を得なければ、上記の手続きを行う事はできないので、注意しておくこと。
 予め公正証書等で子の戸籍の変更に関する記載も行っておくようにすること。

離婚救済事務所

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック