calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

僕の本棚〜随時更新中〜

事務所開設への道 NO1

今あるホームページにて、
http://sanda93i.com
「離婚」に関するコンテンツを
書いているのだが、
一つだけ下書きも完成していないのがある。

それは、「料金」設定。。。

「料金」だけは
いろいろなホームページを
参考にするために見て回ったが
「これだ!!」というのが
見つからない、そして思いつかない。


昨日、大阪で開かれた
17年後行政書士試験合格者講習で、
早速、既に開業されておられる方に
お話を聞くと
自分であれば「自給いくらぐらいで働きたい??」
と考えて、決めていったそうだ。



昔は、報酬額等は一律に決まっていたが、
今はそうではない。
自分で決められるのが
一番いいんだろうけれど、
お金ということに関しては
なかなか決めにくいものだ。



仮に通常よりも安くすると、、
例えば法律相談30分で5250円もらうところが
多いようだが、これを
30分2000円ぐらいとすると、どうだろう?
相談相手は5250円より2000円の方が
当然いいだろう。

しかし、それだと、行政書士だけでは
食べていけず、
やむえず副業をして食べていかなければ
ならないケースにもなりかねない。
そうすると依頼人のために勉強をしたり、
問題解決のための時間が少なくなってします。


安くしすぎると最初はいいが、
実は依頼人にとって損になることが
あるのかもしれない。


と考えていると、今も
「料金設定」に関しては
決められずにいる今日この頃です。

コメント
私も料金設定で悩んでまして、それがHP作成の進まない原因のひとつでもあります。

あまり安くすると、信用も得られないかもしれません。
例えば、スーパーであんまり安いお肉とか見ると「このお肉ってもしかして。。。」って疑ってしまうみたいに。

難しいですよね。
やはり時給ベースで計算するべきなのかな?

ジョリボーさん、
コメントありがとうございます。

僕も信用の面からどうしても「安すぎる報酬額」だと
疑ってしまうんですよね〜

お店で
あまりに安いと
なぜ安いんですか?っ
と思わず僕は
聞いてしまうほどですから。

百貨店か量販店化、、
どちらがいいのでしょうか?

ちなみに、僕が
12月の実務者講習(http://www.jitumu.com/
三田の西田さんも参加された講習会です)で
中山先生は
「報酬額は常に高めに設定しておけ」
とおっしゃっておられましたが

どうしても最初は高く設定することには
気が引けてしまいますね。

自分が高い報酬をもらえるぐらいの
能力があれば
迷わず高く設定できるんですけど、、

ただ、高く設定できたとしても
それでは
「町の気軽な法律家」から遠のいてしまう。。

考えれば考えるほど
分らなくなります。
はじまりましたね!
ワクワク(*^_^*)
  • おーちゃん
  • 2006/03/02 8:10 AM
合格者講習会お疲れ様でした。

報酬額の料金設定・・・永遠のテーマですね。
胸を張って堂々と報酬請求できるようになればいいのですが・・・

前職の営業でも、自信がないときは自分で勝手に値下げしたり、自信があれば『高いと思うなら結構です』ぐらいの強気になり逆に高額で売れたり・・・という経験があります。

結局「業務を特化してその分野では誰にも負けないようにする」というところに繋がってくるのかもしれませんね。
  • 加藤健二(gawalk)
  • 2006/03/02 12:10 PM
おーちゃん
書き込みありがとうございます。
また、アドバイス等がございましたら、
よろしくお願いいたします。


加藤さん
書き込みありがとうございます。
>前職の営業でも、自信がないときは自分で勝手に値下げしたり、自信があれば『高いと思うなら結構です』ぐらいの強気になり逆に高額で売れたり・・・という経験があります。


大変参考になりました。
こういったノウハウは社会に一度出られて、
営業等を経験された方が強いですね。

僕も頑張って、この一週間以内に
「離婚」に関する報酬額を決定したいと
考えております。

報酬設定は難しいところですね。
特に民事法務系は事案に応じて変わるでしょうから特に難しいでしょうね。
許認可はメジャーな建設や産廃は価格合戦を行っているところもあるようです。

あまり若手が手を出さない風俗や運送は安定しています。
雨堤さん
コメントありがとうございます。


いろいろな報酬掲載ページを
拝見致しましたが、雨堤さんのホームページが一番細かく親切な書き方でした。


参考にさせていただきます。
が、よろしいでしょうか?


>許認可はメジャーな建設や産廃は価格合戦を行っているところもあるようです。

参考になります。
その点も加味して、
まずは、「離婚」に関する
報酬だけは完成させようとかんだえております。
こんにちは。ももすけです。
一昨日講習会とランチでご一緒させていただきました。
報酬額の設定、難しいですよね。
会社員時代は決められた報酬にブーブー言っていましたが、自分で決めるとなると大変ですね。
色んなHPを見ても、実際はその2倍はもらっている事務所もあるようですし、実情は様々のようです。
また、遊びに来ますね。
カバさんいま外出先から帰りました。
コメント遅れてスミマセン

この前も料金設定難しい〜
ておっしゃってましたね。

良く聞くのは、
低いと後で上げることが出来ないから、
幾分か高めの方が下げもできるし
いいらしいです。

いきなり全部設定は難しいので、
特化決まってる分はは早めに設定出して、
後はもう少し分析されてからでも
いいのでは?
ももすけさん

初コメントありがとうございます。
>色んなHPを見ても、実際はその2倍はもらっている事務所もあるようですし、実情は様々のようです。

本当ですか。。
実際、解決までの期間や、事案の難易度によって時間をどれぐらい使わないといけないかが変わってくるので、分らないですよね。
ただ、分らないからと言って、
あいまいに報酬額を書いてしまうと
依頼したい人が困ってしまうということも
ありえますし。。
本当に難しいところです。

山羊座の嫁

コメントありがとうございます。
>幾分か高めの方が下げもできるし
いいらしいです。

やはり、そうですよね。
依頼人にとって、
「追加料金が必要」と言われるより
「業務をした結果、あまったお金はお返しします」といわれた方がいいですよね。

ただ、高いとお客が来ないという可能性もあり、
やはり、真ん中ぐらいの料金設定に僕自身、落ち着くとは思います。

コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック