calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

僕の本棚〜随時更新中〜

養育費の立て替え制度(兵庫県明石市にて)

明石市では、離婚後の養育費の立て替えを検討しているということ。

この制度は、僕自身も国がこのこういった立て替え制度をしてくれればと考えていました。

養育費を定めた合意書や、公正証書を作成しても、
「養育費の支払義務者が支払わない」、「養育費の支払義務者が行方をくらます」
ことがあるからです。

その点、国だったら、税金と同様に、裁判をしなくても、強制執行ができるとか、
住民票等を追って、養育費の支払い義務者を探しだすこともできそうですから。

ただ、問題も多数ありますが、残こされた子供を救済するという点では、
是非、養育費の立て替え実現して欲しいです。

昨年から明石市では、非常に積極的な取り組みをされているように思います。

神戸もこのようになってくれれば、いいのですが。

離婚と婚前契約書

「結婚後は片目をつぶって」

昨日お客様より下記のメールをいただきました

「・・・・・・・・・・最後に、「結婚後は片目をつむって…」とアドバイスいただいたものの、なかなか私がそれが出来ず、昨年まではことある度に・・・・を持ち出しては主人を責めたてていました(苦笑)。・・・・・・・・・・」

婚前契約書を作成した方なのですが、色々なことを盛り込み、私からお客様へ、署名・押印前に言った言葉が、

「結婚後は片目をつぶって隣の男性を見てください。」

という言葉でした。

意味は、結婚前は両目でしっかりと相手のことを見ますが、結婚後は少々の問題や、気になるところでも
あまり見ないようにし、夫婦関係を良好にしてほしいということです。

夫婦自体、もともと他人だったわけですから、生活してきた環境や考え方・習慣も違えばあらゆるものが違います。

そのため、見ないようにするのも、夫婦生活を良好にするための方法の1つというわけです。


結婚前の契約書より、離婚後の契約書を作ることのほうが、多いですが、
婚前契約が離婚協議書よりも多くなる日がくればいいですね。


本日は1月22日。

見方によっては、「いい夫婦の日」と呼んでもおかしくなさそうでしたので、
投稿してみました。(本当は11月22日が「いい夫婦の日」です。)

うちの家は?
というと、それは秘密です(笑)

離婚時の印鑑登録証明書の取り扱いに関して

 印鑑登録証明書に関して。
離婚前に取る場合や、離婚後期間が経過して財産分与や慰謝料、養育費の定めなどをする場合は問題ないが、
離婚時の公正証書作成の直前に離婚届けを出した場合には、問題が生じる場合があります。

例えば、婚姻時に氏名の変更をし、通常は女性側(妻側)離婚時に名字を元に戻すような場合です。

このような場合、例えば、印鑑登録の名前が下の名前(木下実夏であれば、実夏)であれば、変更なく、
そのまま印鑑登録証明書と使用できますが、そうではなく、
例えば、木下という名字の判子で作成し、旧姓が山田の場合です。

このような場合は、下記のパターンによって手続きが変わります。
具体的には、
―嗣栄爾繁楡卉呂同じ場合
この場合は地域にもよりますが、離婚届けを出した後、名字が住民票に反映した時点で、印鑑登録し直すことが可能です。(例えば神戸の場合は、30分程度で住民表に反映され、その後印鑑登録が可能です。)
もちろん、印鑑登録証明書はその場で発行されます。
⊇嗣栄爾繁楡卉呂異なる場合
(a)本籍地に出した場合
本籍地に出した場合は、当該戸籍が新戸籍の編製がなされるまで時間がかかってしまいます。
但し、市区町村によっては、本籍地に離婚届を提出し、その後、離婚届け受理証明書を持参すれば、上記の,汎韻犬茲Δ
その日のうちに手続きしてもらえます。(Ex,神戸)
(b)住所地に出した場合
(戸籍謄本を添付しなければならないが、)その場合は、市区町村によって、その日のうちに、
印鑑登録手続きが可能となります。

兵庫県行政書士会摂丹支部での離婚協議書研修会

2012年7月28日(土)、兵庫県行政書士会摂丹支部にて、 離婚協議書作成に関する研修の講師をしました。 当日は暑いところ、そして、お休みのところ、 お越し頂きまして誠にありがとうございました。 次回は、10月25日(木)、兵庫県行政書士会加古川支部で行われますので、 もしお時間ありましたら、ご参加頂ければ幸いです。 場所は、加古川市民勤労会館302号室です。

離婚式

mixiを何気なく見ていたら、

「離婚式」

という結婚式ともお葬式とも違う
セレモニーをしている人を特集した記事を見つけました。


結婚式なら新たな二人の門出を祝う。
お葬式なら、残された遺族の悲しみを軽減するなど理解しやすいのですが、
離婚式というのもあるんですね。


でもこの離婚式、
参列者はどのような基準で呼ぶんでしょうか。

結婚式と同じように上司などを呼ぶんでしょうか。
親族は呼ぶんでしょうか。
(呼んでも来ないかもしれません。)
2次会はするんでしょうか。


そして、祝い金(?)なども参列者は出さないといけないのか。

また、結婚では、別れるなどを連想する言葉は使用してはいけない(割れるという言葉の使用等)
といわれるが離婚式にも言ってはいけない言葉があるんでしょうか。
例えば、再婚を連想させるような言葉など。


最後に、結婚式のブーケトスはされるんでしょうか。
結婚式なら受け取った人は次に結婚する可能性が高くなりますが、
離婚式なら離婚する可能性が高くなります。

そのため、普通は未婚の女性が選ばれるところ、
既婚の男女が選ばれるんでしょうね。


何はともあれ、2分毎に一カップルが離婚している今日この頃ですから、
離婚のしきたりなども法律とは関係なく、
今後できてくるのかもしれません。


離婚はとかくマイナスなイメージがありますが、
二人の新たな再出発という点では、
お互いに向いてあるく方向が違う結婚と変わりはありませんので、
少しでも離婚がプラスに受け取られることも必要なのかもしれません。


神戸での会社設立なら


離婚時の年金分割の実態

離婚時の年金最新データ

離婚時の年金制度が平成19年4月に始まり、早くも2年が経過しました。

離婚時の年金分割の運用が始まる前は、当該制度によって、離婚の件数が増加し、主に女性の離婚後の生活が楽になると言われていましたが、実際にはそうでない場合の方が多いようです。

また、残念ながら国からの情報提供不足もあり、利用されていないのが現状のようです。
本サイトでは平成21年11月6日時点における離婚時の年金制度に関してお話します。

年金分割を活用しているのは3%

婚時の年金分割を活用できているのは、離婚している者の何%に当たるのでしょうか?

社会保険事務所の統計によると、平成19年度の年金分割の件数は8,634件。
そして、離婚の件数は細かい数字は省略して、約26万円となります。

つまり、離婚したもののうち、年金分割の制度を利用したのは、約3%に過ぎないという結果となったのです。

では、なぜこのような低い数字に留まってしまっているのでしょうか??


年金分割に対する不知・誤解

そもそも、 年金分割の制度を知らない人も数多くいます。

それは、離婚届を出すための役所では、離婚届けの提出時の必要書類は教えてくれても、それ以上のことを教えてくれないことが多々あるからです。

そのため、離婚時に年金分割をせずに離婚している場合があります。
しかし、年金分割は離婚後2年間は請求できますので、仮に知らなかった場合だけであれば、請求していくことは可能です。

年金分割をあえて請求しない場合

次に、離婚時の年金分割の制度は知っていたけれども、子供もおり、養育費の請求が精一杯でそこまで手が回らなかったという者もおります。

そのような方の場合、年金分割の請求を下手にしてしまえば、養育費自体滞ってしまうと恐れ、年金分割をあえてしていない場合があります。
このような方の場合、離婚後2年間は年金分割の請求ができるということを知っていたとしても、請求するのは、よほどの勇気が必要と考えられます。

年金分割のメリットが無い場合

そして、そもそも、年金分割をしてもメリットがないと考えた者もおります。

具体的には、夫婦共働きであり、年金分割をしても金額変わらない場合が挙げられます。

つまり、年金分割は、男性から女性に年金記録を移すものではなく、
あくまでも年金を多く支払っている方が支払っていない方に年金記録を移すものであり、そもそも年金分割をしなくともよい人たち、つまり、夫婦共働きの方などは請求をされていない場合があります。

もっとも、現状として、夫婦共々同じ給料をもらっている場合は少ないようです。

以上の事情から、実際には、年金分割の範囲が、婚姻期間中の厚生年金(共済年金)部分しかなく、年金分割の請求をするよりも、養育費・財産分与の点を重視された方も数多くいらっしゃると思います。

実際に、年金分割ができるといっても、当該分割は記録であり、受け取り始めるのは、老後となります(現時点では、60歳もしくは65歳以降。)
そのため、現在もらえる養育費・財産分与の話に終始し、年金分割の話しができなかった場合もあるのです。

以上の理由が複合的に合わさり、実際に、離婚時の年金分割の請求をされている方が少ないと考えられますが、自分の権利だからこそ、請求した方が得なのであればされた方がよろしいかと考えます。

実際に年金分割の請求を行うと、自分の年金の金額がいくらぐらい増えるのか?
ということは、自身が50歳以上であれば、社会保険事務所より教えてもらえ、50歳未満であれば、社会保険労務士などに試算してもらうことになります。


面接交渉をサポートしてくれる機関

子供がいる夫婦が離婚した場合。

子供は離婚後一方の親が育て、もう一方は養育費を支払う
ということになります。

そして、実際に子供を育てていない親(非監護者)が
子供と会う権利を面接交渉といいます。

当該面接交渉に関して、定めはされているが、
当該定めが実現しにくい場合は、以下ような相談室があります。

大阪ファミリー相談室

上記の相談室では、元家庭裁判所調査官達が取り決められた
面接交渉をサポートしてくれます。

料金は入会金のようなものとして、1万円(1年間有効)
その後、面接交渉の度に大人1人当たり5,000円を支払えば、
面接交渉のサポートが受けられるようです。


神戸公正証書作成代行事務所

週間ポスト掲載〜男性のための離婚相談〜

じめじめした季節になってきました。
なかなか、洗濯物が乾きませんが、
梅雨が明けた時の猛暑を考えるとなぜかぞっとします。

さて、さて、
本日発売の週間ポストに当職の記事が載りました。

内容は、男のための離婚となっております。
164ページから掲載されておりますので、
お時間のある方は、是非ご覧下さいませ。

離婚救済事務所

父→母への子の戸籍移動方法

父親の戸籍から母親の戸籍への方法
〜名字が同じでも子供は自分の戸籍には自動的には来ない〜

皆さんが離婚し、母親がわが子を自分の戸籍に入れたい場合、
単に市区町村役場等でその旨告げても自働的には自分の戸籍に入れることは
できません。
では、どうすればよいのか?
今から説明させて頂きます。

1、用意する物

(1)申立書〜取得場所〜
FAX;078-521-5291
▲優奪
書式記載例
3堂板裁判所の窓口

(2)子の戸籍謄本
 *〇匐,入っている戸籍が引越しの為に移転している場合、あるいは、
  戸籍が改製されている場合(戸籍が縦書きから横書きになった等)
  は、子の母親であり、離婚した事実等が記載されておりませんので、
  きちんと、
  「改製元戸籍」(カイセイゲンコセキ)も取得しておくこと。
(3)母の戸籍謄本
(4)母の認印
(5)子供お1人に付き800円分の収入印紙
 *郵便局、ローソン等で販売されている。

2、許可の取得方法

子供を自分の戸籍に入れるための家庭裁判所での許可の取得方法

(1)郵送を希望→数日かかる。
上記の書類を運転免許証のコピーを同封し、80円切手を5枚、10円切手を5枚も同封すること。
(2)その場で許可をもらいたい場合。
上記の書類を家庭裁判所に提出し、面談を受けた後に、発行される。
早ければ、1時間程度で発行される。
*1家庭裁判所によっては、対応していないところもある。
 事前に電話をして確認を取ること。
*2子供さんが15歳以上であれば子供が行く必要性あり。

3、子の入籍届け

(1)2によって、家庭裁判所から許可をもらえれば、市区町村役場に行く。
(2)入籍届け及び家庭裁判所からの許可審判書謄本を提出する。
*但し、本籍地以外に入籍届けを提出する場合には、別途母親の戸籍謄本が
必要となってくる。
(3)市区町村役場での混み具合、市区町村役場のコンピュータ化の有無により、
 子供と一緒になった戸籍が即日〜1週間程度で作成される。

4、注意点

いずれの手続きも親権者でなければできない。
例えば、親権が元ご主人にある場合、ご主人の協力を得なければ、上記の手続きを行う事はできないので、注意しておくこと。
 予め公正証書等で子の戸籍の変更に関する記載も行っておくようにすること。

離婚救済事務所

離婚と年金分割

こんばんわ。
本日のテーマは離婚と年金分割に関してでございます。
離婚に関する年金分割に関して、
各サイト及び社会保険庁のサイトを参考にされるかと思います。
例えば社会保険庁

しかし、具体的にどのような文書を年金分割をするための
公正証書に記載すればいいのか?

っと言った肝心の部分がどこにも記載がございませんでした。

今回実際に作成した離婚時年金分割公正証書を基にお話させて頂きます。
公正証書等には按分割合のみではなく、分割改定の請求について当事者の合意が記載されている必要性です。」
 ここで按分割合とは、平たくいうと、年金をどのくらいまで分けてもらえるか?
ということであり、
「分割改定」とは、平たくいうと、年金を分ける作業とぐらい思って
おいて頂ければよいかと思います。

これだけではよく分かりませんから、
具体的には、

第*条 
甲(第1号改定者)と乙(第2号改定者)は社会保険庁長官に対し対象期間に係る被保険者期間の標準報酬の改定又は決定の請求をすること及び請求すべき按分割合を0.5とする旨合意した。

第*条
 乙は、離婚届をした後、速やかに、社会保険庁長官に対し前条の請求をする。
 甲(昭和**年**月**日生)
  (基礎年金番号****-******)
 乙(昭和**年**月**日生)
  (基礎年金番号****-******)

以上のように公正証書に記載すれば、社会保険庁に提出する公正証書
のできあがりとなります。

ここで一点注意して頂きたいことがございます。
それは、社会保険庁によっては、
公正証書を提出した後にかかる証書が
分割改定請求者に返却されない所もあるという事です。
年金分割のみを記載した公正証書であれば問題ないのですが、
通常は、年金分割以外にも、慰謝料、財産分与等が記載されている
事がほとんどですから、問題となります。
作成した公正証書が返却されない社会保険庁であれば、
公証役場にて、一言
「謄本」あるいは
「抄本謄本」をもらっておいて下さい。

以下社会保険庁に持っていく物・手続者・手続期間です。

1、用意する物

仝気管徂悗二人分の年金手帳、
 国民年金手帳又は基礎年金番号通知書
元ご夫婦お二人分の戸籍謄本若しくは抄本又は住民票
8正証書等の按分割合を定めた書類等

2、申請当事者
2人のほうが望ましいが、当事者の一方だけでも年金分割の請求は可能

3、請求期限
離婚をした日の翌日から起算して2年を経過したときは請求できないので注意。

以上でございます。
他にご不明な点等ございましたら、以下のサイトをご参照下さいませ。
離婚救済事務所



| 1/2PAGES | >>